《公認一等訓練士 小松弘明       
しつけは子犬の時期に
しつけは生後5〜6ヶ月の子犬の時期から始めるのが一番良いのです。
この時期はまだ悪い癖も、わがままも、ずるさも、何もありません。
ただただ可愛いだけの子犬です。
でも、この頃から徐々に犬は自分が人間より上位にいるという勘違いが始まります。

悪い癖を直すよりも問題が何もない時にしつけるほうが犬も人間も楽なのです。
大きくなったら落ち着くからと何もしないでいるうちに、
しつけの時期はすっかり手遅れになってしまいます。

落ち着きと、服従心はまったく別物。
落ち着きは確かに成犬になれば子犬の時とは違ってきます。
しかし服従心は教えなければつきません。
逆に成犬になるほど、ふてぶてしさや自己主張や本能、
反抗的な態度などが出て、さらに扱いにくくなります。
 
飼い主の言うことも聞かず、反抗的な態度をとる犬が可愛いと思えるでしょうか?
しつけをしないでほったらかしで育てて、大きくなったら可愛くない犬だなどと
文句をいうのは人間の勝手ではないでしょうか。
 
 
《お問い合わせ先》

茨城県土浦市木田余東台 4-2-14    TEL 029-826-4652
 
※当サイト内に掲載されている画像・文章等の転用は禁止です